◆ PCモードで表示 ◆

皆坂の滝を訪ねるみち

●コースの概要

 上郡駅からJR山陽本線に沿って西へ歩いた後、目の前の丘陵に沿って北へ向かいます。つきあたりは全国名水百選に選ばれた千種川が流れ、そこを左に折れ智頭急行の高架をくぐります。岩木川に沿ってしばらく進むと、右側に県指定文化財のコヤスノキ叢林がある大避神社が現れます。さらに川沿いに歩き、石戸の集落を左に折れ山道に入ると、古くから信仰を集めた落差20mの皆坂の滝に到着します。緑に囲まれた山道を上り下りしながら進み、谷が開けてくると車道にでます。ここを左折し、棚田などが広がるのどかな山村風景を進むと、岡山県境です。県境から更に進むと、中国自然歩道に入り八塔寺に行くことができます。

 

54 近畿自然歩道地図.jpg

s22_1.jpg

●皆坂の滝

 滝神社のご神体として古くから多くの人々の信仰を集めており、滝に打たれて心を清め、身を鍛える修行がさかんでした。滝の下にある行者小屋はその名残です。

s22_2.jpg

●駒山城跡

 駒山城は、南北朝時代(14世紀)に赤松氏が築いたものといわれ、現在城跡として残っているものは戦国時代(16世紀)の後半頃のものです。

s22_3.jpg

●千種川

 千種川は兵庫・鳥取県境の三室山を水源とする全長67.6㎞の河川で豊富な水量と良質の清水を誇り、全国名水百選に選ばれています。

s22_4.jpg

●柳田の森

 丹桑公園内の柳の下に石灯籠があり、ここを「柳田の森」と呼んでいます。牛頭天王飛来の故事が残されており、高嶺神社発祥の古地として、崇められています。

s22_5.jpg

●大避神社のコヤスノキ叢林

 大避神社境内にあるコヤスノキ叢林は、県指定の文化財です。コヤスノキはトベラ科の常緑低木で、安産の神木として信仰されています。

s22_6.jpg

●鍛冶口板碑

 鍛冶の南、山際の道路端に立つ3基の石碑で、地蔵像板碑は県指定文化財に指定されています。下半の銘文には康暦元年(1379年)とあることから、南北朝時代の作とみられます。

54 皆坂の滝_花しょうぶ園.jpg

●西新宿おじいちゃんとおばあちゃんの花しょうぶ園

 佐用町でも山深い場所にある地域「西新宿」の約1万平方メートルの田んぼに植えられた約170種・約50万本の花しょうぶ園。周辺の里山に咲くササユリ・アジサイ・山野草なども楽しめる、地元のおじいちゃんとおばあちゃんの心のこもった花畑。

開園期間:6月10日~6月30日(開花・見頃は天候、温度などにより変動します)

指導標の見方

自然歩道のコースには、道の分かれ目や迷いやすい所に道標を設置してあります。 (道標には、矢印だけのものと、コースの見所ポイントまでの距離が表示してあるものがあります。)

 shidou22_a.gif shidou22_b.gif

アクセス

JR山陽本線 上郡駅下車

JR吉永駅から 備前市営バス 滝谷行き 東畑バス停下車、東畑バス停より県境まで徒歩0.5km(県道西新宿上郡線経由)

問い合わせ先

兵庫県自然環境課   (078)362-3318

上郡町産業振興課   (0791)52-1111

佐用町商工観光課   (0791)82-0670

交通機関問い合わせ先

JR/JR西日本お客様センター   (0570)00-2486、または(06)4960-8686

バス/備前市営バス(管理事務所)  (0869)92-4892