◆ PCモードで表示 ◆

イベントレポート

  • ひょうごグリーンエネルギー・ブルーカーボン基金を活用した植林が行われました(令和4年3月)

    ひょうごグリーンエネルギー・ブルーカーボン基金を活用した植林が行われました(令和4年3月)

    令和4年3月に、県立国見の森公園、県立ゆめさきの森公園内で、ひょうごグリーンエネルギー・ブルーカーボン基金を活用した植林が行われました。  これは、(公財)ひょうご環境創造協会が、再生エネルギー発電所開発の専門会社である、パシフィコ・エナジー播州メガソーラー合同会社、パシフィコ・エナジー三田メガソーラー合同会社(本社:東京都)からの寄附金を元に両公園での植林事業に対し支援したものです。  森林は二酸化炭素の吸収源であり、地球温暖化防止の観点からも重要な役割を担っています。兵庫県では今後も植林活動を応援します。 >>続きを読む