「ゴルフ場における農薬等安全使用に関する指導要綱」に基づく水質調査

1 制度の概要

兵庫県では「ゴルフ場における農薬等安全使用に関する指導要綱」に基づき、以下のとおりゴルフ場による水質の自主測定を定めています

(1)測定項目及び測定頻度

   ①ゴルフ場で使用する水濁指針値が定められている農薬のうち、成分使用量(下記2参照)が多い9農         

    薬を選定し、年2回以上測定(ただし、使用期間が限定されている農薬は年1回以上測定)。

            なお、使用農薬が9農薬未満の場合は、全ての農薬を測定。

   ②水質汚濁防止法に基づきpH、BOD、COD、SS、窒素、りん等の排水基準が適用されるゴルフ場あっ    

    ては、これらの項目について同法に基づく自主測定を適宜実施。

(2)測定時期

   農薬については、その濃度が高い状態になると見込まれる時期に実施。

(3)結果報告

   自主測定の結果は速やかに地元市町へ報告。

(4)その他

     地元市町と測定項目や頻度について協定を締結している場合等は、(1)及び(2)を満たした上で協定に

        づく測定も実施。

    ※1 「ゴルフ場における農薬等安全使用に関する指導要綱」とは

  ※2 水濁指針値とは

 

2 成分使用量の計算

ゴルフ場で使用している農薬のうち、水濁指針値の設定がある農薬について、当該年度の年間計画使用量と使用時の農薬含有率を用いて、以下の計算式により年間成分使用量を計算してください。

(計算式)

   成分使用量(kg/年)=年間計画使用量(kg/年)×使用時の農薬含有率(%)/100

      ※1 年間計画使用量は、昨年度の実績等を参考に算定ください。

      ※2 成分使用量の多い9農薬を測定項目とし、原則年2回以上測定をお願いいたします。

             ただし、使用期間が限定されている農薬(春のみ、秋のみ等、使用期間が概ね3ヶ月程度である農薬)に

             ついては、年1回以上の測定で構いません。       

            (例えば、測定する9つの農薬の中に春のみ使用する農薬が1つあれば、春は9つの農薬、秋は8つ

     の農薬の測定となる場合があります。)

(計算シート)

  成分使用量計算シート(計算シートはマクロを使用しています。)

  成分使用量計算シート記入方法

   ※計算シートはあくまでも参考として取扱いお願いします。また、時点修正等で農薬一覧表にない農薬を   

      入力するとエラーになりますのでご注意ください。

Get Adobe Acrobat Reader DCPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードを行ってください。