排出事業者責任について

1 排出事業者責任に基づく措置に係るチェックリストについて(環境省通知)

 

近年の廃棄物の不適正処理事案を踏まえ、環境省で「排出事業者責任に基づく措置に係るチェックリスト」(平成29年6月)が取りまとめられました。
排出事業者の皆さまは、積極的に本チェックリストを活用いただき、排出事業者責任に基づく必要な措置の実施に取り組んでください。

 

通知(平成29年6月20日付環廃産発第1706201号)(pdfファイル)
排出事業者責任に基づく措置に係るチェックリスト(pdfファイル)

 

2 経緯について

 

平成28年1月に、食品製造業者および食品販売業者から処分委託された食品廃棄物が、産業廃棄物処理業者により不正転売され、複数の事業者を介し、食品として流通するという事案が判明しました。


本事案は、食品に対する消費者の信頼を揺るがせた悪質かつ重大なものであり、二度と同様の事案が起きぬよう、環境省から再発防止策が公表され、自治体や環境省による監視の強化等が進められているところです。


再発防止策の一つとして排出事業者責任の徹底があげられており、これらを踏まえ、上記のチェックリストが取りまとめられています。

また、当チェックリストは、食品関連の排出事業者を含め、すべての業種の排出事業者を対象とするものですので、排出事業者の皆様におかれましては、廃棄物処理法における排出事業者責任に関する各規定を遵守すべく、当チェックリストご活用ください。

 

食品廃棄物の不正転売事案(総括)(環境省HPへのリンク)

 

3 排出事業者責任の徹底について


また、兵庫県が作成した、処理委託をする際に確認すべきチェックポイント等をまとめたチラシについては以下をご覧ください。
広報チラシ「兵庫県から産業廃棄物の排出事業者の皆さまへのお知らせ」(pdfファイル)