六甲山 港神戸パノラマのみち

●コースの概要

 谷上駅から森林植物園への道は山田道と呼ばれる古道で、木橋や飛び石渡り、石の道標などがあり、昔の雰囲気を十分に味わえる自然歩道です。30分程で造成地に入りますがすぐに森の中となりやがて森林植物園に着きます。車道の途中から、布引谷に通じる又ケ谷に踏み入ります。460段余の石段を下り、樹林を進むと摩耶山へ通じる桜谷道との分岐点に達しますが、コースは穂高湖を目指して徳川道を進みます。やがて、樹林に囲まれた穂高湖が見えてきます。湖岸から杣谷峠へは指呼の間です。道標に従いドライブウェイの歩道を進み、神戸市立自然の家脇の石段を登り、三国池に向かいます。その後、企業の保養施設が点在する中、ノースロードを歩き、ダイヤモンドポイント、シュラインロードを経て六甲山ビジターセンター及びガイドハウスのある記念碑台に着きます。六甲山ビジターセンターを後に信号を渡り、六甲山小学校前を通り、我が国最古の神戸ゴルフ倶楽部のコース中を抜けると、終点六甲ガーデンテラスに着きます。

 

 s08_1.jpg
 
●山田道
谷上駅から森林植物園への道は山田道といわれ、かつては裏六甲と表六甲を結ぶ文化・物資の主要路として、利用されてきました。

  

●神戸市立森林植物園  s08_2.jpg

世界各地の樹木が原産地別に植栽されている国内最大級の樹木植物園です。樹林区を中心に花木園や姉妹都市の記念樹の森などがあります。森林展示館では六甲山のすべてを紹介しています。

   住所:神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2
   電話:078-591-0253
   時間:9:00~17:00
   休園:水曜(祝日の場合、翌日) ※年末年始は12/29~1/3
   料金:大人300円 小人150円

 

  

 s08_3.jpg
●徳川道
慶応3年12月の神戸開港にあたり、外国人と参勤交代の大名や武士のトラブルを避けるために、徳川幕府が住吉から摩耶山を越え明石・大蔵谷まで、造った道ですが、一度も使われなかったと言われています。かつての石積の跡が今でも残っています。

  

 
●穂高湖
お弁当を広げるハイカーや、釣り糸をたれる人たちが見られる、のどかな湖です。野鳥のさえずりと、木々の緑が、すがすがしい気分にさせてくれます。
s08_4.jpg 

  

 s08_5.jpg
 
●三国池(三国が池)
六甲山上の大半の池は、採氷のために人工的に掘られた池で、明治から昭和の初期にかけて神戸市内に運ばれました。この池畔には、六甲山で最初に建てられた別荘があります。静かな水面に木々の深い緑が映り、なんとも神秘的な雰囲気が漂う池です。

  

 
●六甲山ビジターセンター・六甲山ガイドハウス

六甲山ビジターセンター及び六甲山ガイドハウスは、瀬戸内海国立公園六甲山地区の交流の拠点として開設しています。山のおいたちや動物・植物など六甲山の自然を写真パネルや映像で紹介したり、四季折々の環境学習プログラムを実施しています。また、六甲山のハイキングルートやイベントを紹介するなど、六甲山の魅力を発信しています。展望デッキからは、神戸の市街地から和歌山県までを一望できます。芝生広場には四阿やベンチなどの休憩施設も充実しており、登山者やハイカーの憩いの場となっています。

   住所:神戸市灘区六甲山町北六甲123
   電話:六甲山ビジターセンター 078-891-0616
      六甲山ガイドハウス   078-891-0808
   時間:4月~11月 9:30~15:00(土・日・祝は16:00)、12月~3月 10:00~15:00
   休館:月曜(祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始:12月27日~1月5日

 40 六甲山港神戸パノラマのみち.jpg  40 六甲山港神戸パノラマのみち_ガイドハウス.jpg

アクセス

神戸電鉄、市営地下鉄 谷上駅下車

JR六甲道駅、阪急六甲駅、阪神御影駅から 神戸市営バス 六甲ケーブル下行き 六甲ケーブル下バス停下車

六甲ケーブル下駅から 六甲ケーブル 六甲山上駅下車、六甲山上駅から 六甲山上バス ロープウェー山頂行き 六甲ガーデンテラスバス停下車

問い合わせ先

兵庫県自然環境課   (078)362-3318

神戸市森林整備事務所 (078)371-5937

交通機関問い合わせ先

神戸電鉄/谷上駅    (078)576-8651

市営バス・地下鉄/神戸市交通局     (078)321-0484

バス/六甲山上バス          (078)891-0222

ケーブル/六甲ケーブル(山上駅)    (078)891-0222

Get Adobe Acrobat Reader DCPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードを行ってください。