ひょうごの生物多様性保全プロジェクト

ひょうごの生物多様性プロジェクトとは・・・・・・

image002.gif

 兵庫県では、貴重な動植物の保護や特定外来生物の防除など、県内で取組まれている生物多様性保全活動の中から、モデルとなる活動を「ひょうごの生物多様性保全プロジェクト」に選定し、プロジェクトの実施団体(プロジェクト団体)への支援を通じて生物多様性の保全に取組むとともに、活動の担い手の育成・拡大を推進しています。

 

 個人・団体・企業等のボランティア活動や社員研修等で、生物多様性保全活動への参加・連携を希望される場合、プロジェクト団体との仲介を県が行います。

 

 また資金や資材の提供等を通じて、プロジェクト活動を支援いただける企業等も募集しています。

 

 

プロジェクト一覧

 これまでに選定したプロジェクトの詳細や、プロジェクト団体の連絡先等を掲載しています。

ひょうごの生物多様性保全プロジェクト(選定した活動一覧)

プロジェクト活動地県内分布図

 

 

プロジェクトへの参加及び支援者の募集

プロジェクトに参加・支援いただける個人・団体・企業等を募集しています。詳細は下記の他、募集チラシをあわせてご参照ください。

 

プロジェクトへの参加

 生物多様性保全活動の実施先を探している個人・団体・企業等を募集しています。

 ご希望の活動内容をもとに、プロジェクト団体との仲介を行います。

 

資金(寄付金)、資材の提供

 プロジェクトに対し、資金や資材、備品等を提供いただける企業等を募集しています。

 寄付金は(公財)ひょうご環境創造協会に設置する「生物多様性ひょうご基金」(下記参照)に受入れ、プロジェクト団体に助成します。

 

申込み方法

 兵庫県農政環境部環境創造局自然環境課にご連絡ください。連絡先は本ページの最下部に記載しています。

 また連携企業募集チラシ2ページ目下部の「申込み事項記入欄」に必要事項を記載のうえ、自然環境課にご提出いただいても結構です。

 

プロジェクトをご支援いただくと・・・

 上述の「募集内容」に記載の支援をいただいた企業等については、企業名、支援いただいた内容等を、県のホームページ等を通じて広くPRします。

 また一定額以上の寄付金をいただいた企業等には、県及び(公財)ひょうご環境創造協会から感謝状を贈呈します。

 

※ 寄付金の控除制度

 法人からの寄付金については、以下のとおり損金算入が可能です。なお、制度の詳細は、国税庁のホームページ等でご確認ください。

 

損金算入限度額=①と②の合計額

①一般寄付金の損金算入限度額=(所得金額の2.5%+資本金等の額の0.25%)×1/4

②特別損金算入限度額=(所得金額の6.25%+資本金等の額の0.375%)×1/2

 

 

「生物多様性ひょうご基金」について

 プロジェクトへの寄付金を受入れるため、「生物多様性ひょうご基金」を(公財)ひょうご環境創造協会に設置しています。

 いただいた寄付金はプロジェクトへの助成金として活用しており、これまでに下記の企業等から、寄付をいただいています。

 

一般財団法人尼信地域振興財団(平成23年~27年)

尼崎の森中央緑地における「尼崎21世紀の森づくり」活動が対象

 amashin.jpg

 

株式会社伊藤園(平成24年~)

六甲山などの自然環境保全活動が対象

お~いお茶「お茶で日本を美しく。」キャンペーンとして、「お~いお茶」全飲料商品売上げの一部を日本各地の環境保全・整備活動に寄付するとともに、植樹や河川の清掃等の活動をされている。兵庫県では「お茶で兵庫を美しく。」キャンペーンとして実施。

itoen1.jpg     itoen2.jpg

 

イオン株式会社(イオンリテール株式会社、マックスバリュ西日本株式会社、株式会社山陽マルナカ)(平成25年~)

コウノトリが生息できる環境など、県内の貴重な自然環境の保全活動が対象

兵庫県の"ご当地WAON"カード、「兵庫コウノトリWAON」カードの利用金額の0.1%を寄付。

ion.jpg

 

株式会社ハーモニックス(平成29年~)

尼崎の森中央緑地における「尼崎21世紀の森構想」に参画・協働する活動が対象

 

阪神高速道路株式会社及びグループ会社6社(阪神高速サービス㈱、阪神高速後術㈱、阪神高速パトロール㈱、阪神高速トール大阪㈱、阪神高速トール神戸㈱、阪神高速技研㈱)(平成29年~)

尼崎の森中央緑地における「尼崎21世紀の森づくり」活動が対象

尼崎の森中央緑地において「阪神高速グループの森づくり」を実施。

hanshinkousoku.jpg

 

生活協同組合コープこうべ(平成30年~)

海岸域におけるプラスチックゴミ等の清掃に取組む活動が対象

 

多木化学株式会社、公益財団法人多木文化振興会(平成31年~)

県内全域における生物多様性保全活動が対象

多木化学_2019.JPG

Get Adobe Acrobat Reader DCPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードを行ってください。