環境影響評価とは

 

 環境影響評価は、開発事業を行うときに、事業を行う者(事業者)が、その事業が計画地周辺の環境にどういった影響を与えるかを、事前に調査、予測、評価し、その結果を事業の計画に反映させることをいいます。

 県の環境影響評価制度は、事業者が行った環境影響評価の内容等について、住民や地元市町の意見、学識経験者で構成する第三者機関である環境影響評価審査会の意見を聴き、事業の計画をより環境に配慮されたものにするための制度です。

 

Get Adobe Acrobat Reader DCPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードを行ってください。