温暖化からひょうごを守る適応策の推進

わたしたちの日常生活や経済活動から排出されている温室効果ガスは、地球全体の気温を上昇させ、異常高温や大雨・干ばつなど、さまざまな気候の変化をもたらし、その影響は農業、森林・林業、水産業、水環境・水資源、自然生態系、自然災害・沿岸域、健康、産業・経済活動、都市生活等のあらゆる分野に現れつつあります。

 

そこで、兵庫県では、すでに現れつつある温暖化の影響に備え、対処する取組である「適応策」を進めていくために、県の「適応策」の取組の方向性を示した「温暖化からひょうごを守る適応策基本方針」(→内容はこちらをクリックしてください)を「兵庫県地球温暖化対策推進計画」(平成29年3月策定)の中に盛り込みました。

 

まずは、地球温暖化の現状や影響と将来予測を分かりやすく解説し、「適応策」の必要性について示したパンフレットをご覧ください!

パンフレット(全体)

パンフレット(p2、p3)「どうなるの?地球温暖化」

パンフレット(p4、p5)「兵庫県はどうなるの?温暖化の実態と将来の気温予測」

パンフレット(p6、p7)「兵庫県にも影響が…温暖化からひょうごを守るために…」

                                                                                          

さらに、気候変動の影響や「適応策」について詳しい情報を知りたい方は「気候変動適応情報プラットフォーム」ウェブサイト(気候変動の影響への適応に関する情報を一元的に発信するために開設された国立環境研究所が運営するサイト)をご覧ください!

 

図1_基本方針の概要.png

5つの影響分野について懸念される主な影響とそれに対する分野別取組を整理した施策体系表は、下図をクリックすると開きます。

図2_施策体系表.jpg

 

 

■地域の適応策インタビューでの取組紹介

分野別取組の中から兵庫県の特徴ある取組として、以下の4つの取組が「気候変動適応情報プラットフォーム」ウェブサイトの「地域の適応策インタビュー」のページに紹介されています。

 

高温障害から水稲を守る兵庫県の2つの取り組み(Vol.2 兵庫県)

図3_米試験所.jpg

 

瀬戸内海海域の環境情報をリアルタイムに提供する「兵庫県漁場環境観測システム」(Vol.5 兵庫県)

図4_漁場システム.gif

 

自然災害から暮らしと地域を守る「フェニックス共済」(Vol.6 兵庫県)

図5_フェニックス紹介.jpg

 

先進技術を生かして漁業者みずからワカメ種苗をつくる(Vol.7 兵庫県)

図6_わかめ.jpg

 

 

■みんなで考える「温暖化からひょうごを守る適応策」

地球温暖化の影響は、地域によってさまざまであり、平均的な数値予測等ではその実態を把握することができません。

そこで、県では、県民のみなさまに身の回りで感じている温暖化の影響を集め、地域毎に影響マップを作成するとともに、将来不安に感じる影響や、その影響にどう向き合っていくか等を話し合い、「適応策」についてみんなで考えるワークショップを各地で開催しています。

お住まいの地域のワークショップにぜひご参加いただき、今後、県が進めて行く「適応策」についてお知恵をお貸しくださいますよう、よろしくお願いします。

 

■平成29年度開催概要

神戸地域(平成29年6月3日)、阪神地域(平成30年2月20日)、但馬地域(平成30年3月3日)で開催し、各地域約30名の方にご参加いただきました。

 

●募集内容(例:但馬地域)

   ↓この図をクリックしてください!

図7_募集内容(図).png

 

●グループワークの進め方

   ↓この図をクリックしてください!

図8_グループワークの進め方.png

 

●影響マップの例(神戸地域のグループワークの結果より)

   ↓この図をクリックしてください!

図9_影響マップの例.jpg

●ワークショップのようす

図10写真.JPG 図11写真.JPG 図12写真.JPG

 

■平成30年度開催について

●中播磨地域

 日時:8月2日(木) 13:00~16:00

 場所:姫路・西はりま地場産業センター 6階 601会議室

 対象:中播磨地域(姫路市、神河町、市川町、福崎町)に居住または通勤・通学されている方

 ※募集は締め切りました

 

●北播磨地域(詳細はこちら

 日時:8月22日(水)  13:00~16:00

 場所:うるおい交流館エクラ 2階 中会議室

 対象:北播磨地域(西脇市、三木市、小野市、加西市、加東市、多可町)に居住または通勤・通学されている方

 申込み:8月17日(金)まで

 

●淡路地域(詳細はこちら

 日時:9月20日(木) 13:00~16:00

 場所:洲本市文化体育館 1階 1A-1会議室

 対象:淡路地域(淡路市、洲本市、南あわじ市)に居住または通勤・通学されている方

 申込み:9月14日(金)まで

 

■平成31年度開催について

3~4地域開催予定(開催場所等が決定しましたら、募集内容を掲載します。)

 

 

 

2つの地球温暖化対策「緩和策」と「適応策」把握

近年、世界中で極端な気象現象が観測されており、国内でも豪雨災害の頻発やデング熱の発生、農作物の高温障害など、地球温暖化の影響と考えられる問題が発生しています。国連の専門機関であるIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告書においても、ここ数十年の気候変動は、自然だけでなく人間の生活にも影響を与え、洪水や干ばつ、生態系、食料生産や健康などへの影響が現れていることが指摘されています。

図13_気候変動とは(考える2人).jpg

イラスト出典:気候変動適応情報プラットフォームウェブサイト

 

そのため、これまで地球温暖化対策の中心であった「緩和策」(=省エネや節電の徹底、再生可能エネルギーの導入、緑化の推進など温室効果ガスの排出を削減または吸収する取組)に最大限に取り組みつつ、これからはもう一つの地球温暖化対策である「適応策」(=今後起こりうる温暖化の影響に備え、対処するための取組)にも取り組むことが重要となっています。

図14_緩和策と適応策.jpg

イラスト出典:気候変動適応情報プラットフォームウェブサイト

Get Adobe Acrobat Reader DCPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードを行ってください。