レジ袋削減の取組結果と今後の取組について

  「ひょうごレジ袋削減推進会議」(会長:鈴木胖(財)地球環境戦略機関 関西研究センター所長)が定めた「新・レジ袋削減推進に係るひょうご活動指針」の取組結果と今後の取組みについてまとめました。 

 

【取組結果と今後の取組について】 

 レジ袋削減の活動を定着させるため、新たな削減目標として、平成25年度のレジ袋使用枚数を平成22年度比で6,000万枚削減(削減率10%)するとした「新・レジ袋削減推進に係るひょうご活動指針」を策定し、取組みを進めてきました。

(資料)

  「新・レジ袋削減推進に係るひょうご活動指針」 (平成24年4月1日策定)

① 取組結果 

 参加団体の店舗数の増加により全体の使用枚数は増加しましたが、店舗当たりのレジ袋使用枚数は減少し、削減枚数は5,799万枚(目標設定時 平成22年度の店舗数で調整)となりました。

 このことから、「新・レジ袋削減推進に係るひょうご活動指針」の目標は概ね達成したと考えられます。

② 今後の取組について
  1.消費者団体は、レジ袋削減対策に協力し、マイバッグの持参に努めます。
  2.事業者は、レジ袋削減を進めるための積極的な取組みを継続し、意識の定着を図ります。
  3.兵庫県は、市町・小売団体等と広範に連携し、積極的な広報活動や環境学習・教育を行い、
    普及啓発に努めます。

(資料)

  「レジ袋削減の取組結果と今後の取組について(記者発表資料)」 (平成27年7月29日発表)

③ 平成28年度の実績

平成22年度

(第2期の基準年度)

     平成28年度の実績
  参加団体の店舗数

①使用枚数

(万枚)  

参加団体の店舗数   使用枚数(万枚)   削減枚数(万枚)  
 ②実績値  ③調整後

 実績値(①-②)

 ④調整後(①-③)

 1,934  62,954  2,426  62,789  51,577 165  11,377

※平成22年度の店舗数で調整をしています。

(関連資料)

レジ袋削減の進捗状況について(PDFファイル)

レジ袋削減の取組結果と今後の取組(PDFファイル)

レジ袋削減推進に係るひょうご活動指針(PDFファイル)

新・レジ袋削減推進に係るひょうご活動指針(PDFファイル) 

「ひょうごレジ袋削減推進会議」におけるレジ袋削減の進捗状況について(PDFファイル)

Get Adobe Acrobat Reader DCPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードを行ってください。