兵庫県市町災害廃棄物対策研究会を開催しました

 平成29年9月14日に兵庫県災害廃棄物対策研究会を開催しました。

 兵庫県では、阪神・淡路大震災等の経験、教訓を踏まえ、災害発生時の体制づくりに務めています。自然災害で発生した災害廃棄物を迅速かつ適正に処理できるよう、市町、関係一部事務組合、県の職員が、一堂に会し、ワークショップを行いました。グループワークでは、参加者が順に課題を発表し、活発な意見交換により、災害廃棄物処理に関する課題を整理しました。県では、本研究会で得られた成果を県市町災害廃棄物処理相互応援協定の見直しなど今後の災害廃棄物処理対策に活かしていきたいと考えています。

P9140044.JPG