ホーム > 兵庫の自然 > 兵庫県の自然公園 > 猪名川渓谷県立自然公園

兵庫の自然

猪名川渓谷県立自然公園

 

 

猪名川渓谷県立自然公園の概要

 猪名川渓谷県立自然公園は、兵庫県の東南端の阪神間諸都市に最も近い距離にあり、アプローチの良好な公園である。北摂群山大野山(753.5m)を最高峰に愛宕山(484m)、山王山(301m)、雨森山(384m)、知明山(344m)等の山地を浸食した猪名川は、美しい渓流をなし、この公園のほぼ中央部を流れている。

 公園区域は都市に近いため、大部分がコバノミツバツツジ・コナラなど、また一部はネザサなどのササ類を下生にもつ、アカマツ・クヌギ等の二次林でしめられ、ヒノキの植林地も点在している。

 猪名川及び能勢川は、北摂群山山岳地を浸食し、とくに竜ヶ峡、屏風岩等は、その代表的なもので、春の新緑、秋の紅葉等が調和し、渓谷美は当該地区の特色となっている。

 又、一庫温泉、籠防温泉、杉生新田などの冷泉が湧出し、自然景観とあいまって趣をそえている。

 

 

●みどころ

○大野山 

頂上は360度の視界が開け、多紀連山や六甲山を見渡せる。山頂の近くにはキャンプ場もある。

 

 

 

 

 

 

○妙見山

山頂部にブナ・トチノキ・ホウノキなどの自然林が生育。ふもとから山上まではケーブルとリフトで結ばれ、山頂の無漏山真如寺には、参拝者やハイカーが多い。近畿自然歩道の起点でもある。

 

 

 

 

 

 

区域図

猪名川渓谷県立自然公園区域図[PDF 385KB]

 ※特別地域・普通地域の確認及び詳細については阪神北県民局または丹波県民局環境課でご確認ください。

 

 

ページの先頭に戻る