ホーム > 兵庫の自然 > 兵庫県の自然公園 > 播磨中部丘陵県立自然公園

兵庫の自然

播磨中部丘陵県立自然公園

 


播磨中部丘陵県立自然公園の概要

 この公園は、兵庫県南部播磨平野の中央部にあたり、200300mの山々とこれに連なる丘陵で構成され、西から姫路東丘陵地域、及び法華山中道子山丘陵地域の2地域からなる丘陵景観を有する地域である。姫路東丘陵地域は、自然歩道に沿ってなだらかな丘陵を形成している。法華山中道子山丘陵地域は、この公園の中核をなすもので、県道北条高砂線及び泉高砂線によって西部・中央部・東部にほぼ三分されている。西部地区が笠松山(244m)、善防山(251m)、及び法華山(243m)の山岳景観からなり、中央部及び東部は中道子山(272m)から温容な緩傾斜の丘陵が東西に拓け、この間に多くの溜池が散在して、権現川・前谷川・西川・小川等によって加古川に集められている。

 この公園は都市に近く、その植生の大部分がネザサなどのササ類を下生に持つアカマツ、クロマツ等の天然の疎林及び二次林でしめられている。そのほか法華山一乗寺境内及びその周辺には、スギ・ヒノキ・マツ・シイ等の社叢林が静寂な境地を形成している。

 人文景観としては、法華山一乗寺、古法華及び周辺の古墳群とともに往時の面影を持つ周遍寺などが歴史的景観を呈し、特に一乗寺は自然林に包まれた静寂な境地を形成している。中道子山は通称「城山」と云い、中道子山城跡があり周囲の展望が良く山麓の七ツ池とともに野外レクリエーションの場として利用されている。また、来住の男池は「鴨池」として知られ、冬期には数千羽の鴨が集まり、その生態が観察できる。

 

●みどころ

○一乗寺

境内の植生は、シイ・カシ林。諸堂は鎌倉・室町時代のものが多く、三重塔は国宝に指定されている。

 

 

 

 

 

 

○鴨池

毎年数千羽のカモが飛来し、その生態観察の適地である。池畔には、キャンプ場やゴルフ場がある。

 

 

 

 

 

 

 

区域図

播磨中部丘陵県立自然公園区域図[PDF 326KB]

 ※特別地域・普通地域の確認及び詳細については東播磨県民局、北播磨県民局または中播磨県民局環境課でご確認ください。

 

 

ページの先頭に戻る